マンションセキュリティを強化するコンシェルジュサービスとは?管理人との違いやおすすめ賃貸マンションもご紹介!

マンションのセキュリティと言ってもその種類は様々です。

オートロックや防犯カメラなどの設備で守る方法ありますが、コンシェルジュのいるマンションに住むという選択肢もあります。

犯罪が多様化、増加する現代において、より安全で安心な住まいを選びたいとは誰もが思うことです。

今回は聞きなれないコンシェルジュのいるマンションとはどのようなものか、おすすめマンションと合わせてご紹介します。

おすすめマンション
都内でセキュリティレベルの高いマンションを探すなら賃貸情報サイトいえどきがおすすめ!豊富な物件数と、ここにしかない写真付きの物件情報を今すぐCheck!

1. マンションセキュリティが高い!コンシェルジュサービスによる防犯対策とは?

コンシェルジュのいるマンションでは具体的にどのようなサービスで防犯対策をしているのでしょうか?

基本的には“来客者を安易に通さない”ことが一番大きなポイントですが、オートロックがしっかりとした物件も増えている中で、コンシェルジュは特にどのような役割をしているのか見てみましょう。

1-1. マンションコンシェルジュと管理人によるセキュリティの違い

コンシェルジュと管理人は何が違うのでしょうか?

コンシェルジュの主な仕事が“接客”であることに対し、管理人の主な仕事は“維持管理”です。

管理人の仕事は受付や共用部分の清掃、点検、巡回、工事や引っ越しの立ち会い、住人へ報告や連絡も業務の一つです。

“訪問者をチェックする”ことは管理人の仕事ではありません。

仕事内容が大幅に違うので、コンシェルジュと管理人の両方がいるマンションが大半です。

また、管理人は平日の昼間に常駐していることが多いですが、コンシェルジュは朝の8時頃から夜の20時~22時と遅い時間に勤務していることも大きな違いです。

中には24時間交代制で勤務しているコンシェルジュもいるので、帰宅時間や夜間に発生する犯罪の不安は軽減されるでしょう。

たとえ夜間に部屋でトラブルがあった場合にも夜間勤務しているコンシェルジュがいてくれれば安心ですよね。

1-2. マンションセキュリティを強化するコンシェルジュのサービス内容

実際にコンシェルジュのいるマンションに訪問者が来た場合の対応はどのような流れになるのでしょうか?

  1. 訪問者はフロントでコンシェルジュに訪問したい住人宅を告げる。
  2. コンシェルジュから住人に連絡を入れる。
  3. 住人は映像で訪問者を見て身元確認をする。
  4. 受け入れ可能な訪問者であれば、コンシェルジュより専用カードキーを貸し出してもらう。(貸し出してもらわないとエレベーター使用はできない)
  5. エレベーターは訪問者の住居がある階数のみ停止する。

もちろんコンシェルジュがいないマンションでも、フロントには防犯カメラが設置され、大手のセキュリティ会社と契約している場合も多いです。

しかし、犯罪者が一番嫌がるのは“人の目”なので、フロントにコンシェルジュがいるということが何よりの犯罪抑止につながっているのです。

2. コンシェルジュがいるマンションのメリット・デメリット

コンシェルジュがいるマンションは防犯面でとても良く魅力的ですが、やはりメリット・デメリットはあります。

それぞれポイントを列挙してみましょう。

2-1. コンシェルジュがいるマンションのメリット

  • 防犯面が優れている
  • 資産価値が高い
  • 住人の利便性向上
  • 困りごとの相談や挨拶などで人と接することが出来る

“人の目”で犯罪者を防ぐだけではなく、お年寄りや1人暮らしの女性はコンシェルジュがいることで心情的に安らぎを得ることもできます。

色々な仕事をこなしてくれるので資産価値も高いです。

2-2. コンシェルジュがいるマンションのデメリット

  • 管理費が高い
  • 挨拶ややり取りが面倒でストレスの場合もある
  • 将来的に撤退する可能性がある

コンシェルジュを雇う人件費は管理費の中から出されている場合が多いので、管理費が高くなります。

そのためコンシェルジュがいるマンションは世帯数が多い大規模なマンションに多いです。

また、サービスをさほど利用しない人もよく利用する人も管理費は変わらないので不満が生じる場合もあります。

3. コンシェルジュの色々なサービス

コンシェルジュは防犯面で安心感を与えてくれますが、他のニーズにも答えてくれます。

具体的にどのような仕事をしてくれるのでしょうか?

(参照:高級マンションドットコム「高級賃貸マンションのコンシェルジュとは?3つのサービスで快適・安全な暮らしを提供!」

3-1. 訪問者の対応や案内

住人に訪問者を取り次ぐ仕事もしますが、訪問者が迷った場合にはエレベーターなどへ案内もします。

3-2. 業者の紹介、取り次ぎサービス

レストランやレンタカー手配や予約、各種工事業者の紹介や取り次ぎを行います。

3-3. 物の販売や備品の貸し出し

電池や切手など忘れがちな物の販売や台車や脚立などマンション内で管理している備品の貸し出しをします。

3-4. コピーやファックス

コピーやファックスを必要に応じて行います。

3-5. 宅配便や郵便物の代理発送、手荷物の預かり

配送物を代理で発送、手荷物を一時的に預かります。

3-6. クリーニング取り次ぎ

クリーニング店が配達や受け取りをマンションのフロントで行える業者であれば対応します。

3-7. 共用施設利用の予約や管理

マンションに共用施設がある場合、その施設の案内や予約、管理を行います。

3-8. その他サービス

  • マンションの周辺情報の提供
  • 近隣施設の案内。

中には

  • 旅行中のペットの餌あげを依頼したり
  • 子供連れが雨の日の荷物持ちをお願いしたり
  • 部屋の電球を変えたり

とそのサービスは多岐にわたります。

正装をしたコンシェルジュが毎日気持ち良くフロントで挨拶をしてくれるのは安心感を与えてくれます。

4 マンションコンシェルジュのいる賃貸マンション一覧【東京都内編】

東京には数多くのコンシェルジュがいるマンションが存在します。

賃貸料は一般的な物件よりも高く、立地も良い高級マンションに多く見られます。

部屋数の多い大規模マンションが大半を占めますが、ワンルームからファミリー向けまで多くの間取りを選ぶことができます。

ここでは、東京都中央区と江東区にあるコンシェルジュサービス付きマンションを一覧にまとめました。

5. マンションのセキュリティを重視する方におすすめのコンシェルジュサービス情報まとめ

最近のマンションではオートロックや防犯カメラが当たり前になり、多くのマンションでセキュリティ強化のアイテムとして設置されています。

しかし、そのクオリティは様々です。

オートロックとはいえ全ての訪問者を防ぐことは難しいでしょう。

敷地への侵入も容易くできる場合もあるのです。

コンシェルジュがいるマンションは常にフロントに“人の目”を配置することで不審な訪問者を防ぐことが出来ます。

また、それだけではなく、トラブルや困りごとがあった場合に即座に対応してくれます。

賃料は高いマンションが多いですが、セキュリティを重視するならコンシェルジュがいるマンションはおすすめです。

近くにいる“味方”はあなたに安心と安全を与えてくれるでしょう。ぜひ、コンシェルジュのいるマンションへの入居を検討してみてくださいね。

そのほか、セキュティを強化したマンションについては、以下の記事も参考にしてみてください。

セキュリティマンションとは?防犯対策の優れたマンション選びは3つのポイントに注目!