マンションセキュリティの確認ポイント3つ!エントランスの防犯対策はココに注目!

賃貸でマンションを借りる際に、女性や一人暮らしの場合は特にセキュリティ面をチェックする必要があるでしょう。

セキュリティ面としては一軒家よりも高いのがマンションではあるものの、その物件によってセキュリティの強度は異なります。

ではどのような設備がある物件であれば安心して女性でも暮らして行くことができるのでしょうか?

今回はマンション選びの重要なポイントとなるセキュリティ面に着目してご紹介していこうと思います!

1. マンション選びの3つのポイント|エントランスのセキュリティはここをチェック!

セキュリティ面に着目してマンションを選ぶ際には特にエントランスのセキュリティをチェックすることが大切です。

エントランスからの侵入を防ぐことで防犯対策が可能です。

まずはエントランスのセキュリティとして3つのポイントをチェックしておきましょう。

1-1. オートロックシステム

マンションのセキュリティの特権といっても過言ではないオートロックシステム。

マンションのエントランスのドアがオートロックシステムになっていることで、住人以外のマンションへの侵入を防ぐことができます。

物件によってオートロックの解除方法は異なり、大抵はカード式や暗証番号入力などが必要です。

これにより侵入率をぐんと抑えることができますが、住人が入った隙に侵入してくる場合も考えられますので、オートロックのみではまだ安心できません。

1-2. 防犯カメラ

防犯カメラはエントランスのみならず、共用廊下やエレベーター、駐車場駐輪場など設置されていればいるほど安心です。

不審者が万が一侵入した場合でも防犯カメラでしっかりと記録することができます。

最近の防犯カメラは小型化していますので、どこに付いているのかわかりにくいため、さらにセキュリティの強化を期待できます。

物件を決める前に、マンションのどの部分に防犯カメラが付いているのかを確認しておきましょう。

1-3. 24時間コンシェルジュサービス

24時間のコンシェルジュサービスがあるマンションも最近では増えてきており、さらにセキュリティの強化が期待されます。

コンシェルジュでは、来客者はフロントでカードキーをもらわなければエレベーターに乗ることができなかったり、そのキーではエレベーターは訪問先の階にしか止まらないようになっていたりとコンシェルジュでなければできないサービスを行っています。

特に高級マンションであればあるほどコンシェルジュが駐在しているところが多く、まるでホテルかのようなサービスを受けることが可能です。

一人暮らしの方でも、これほどまでのセキュリティがあれば十分安心して暮らすことができるでしょう。

2. マンションエントランスのオートロックは当たり前!コンシェルジュでセキュリティ強化した物件とは?

マンションエントランスではオートロックや防犯カメラの設置は最近では当たり前になってきています。

それを超えるセキュリティとしてやはりコンシェルジュサービスのあるマンションこそがセキュリティ性が特に優れていると考えられるでしょう。

東京都内を中心に高層マンションを多く提供している住友不動産のラ・トゥールシリーズは、高いサービス性のある24時間の常駐コンシェルジュが人気です。

具体的には以下のようなサービス内容です。

・レセプションサービス

居住者来訪者に対するサービス

・インフォメーション

館内施設や近隣の公共期間などのインフォメーションサービス

・タクシー手配サービス

・宅配便の一時預かりサービス

・共用施設受付

マンション内の共用施設をご利用の際の使用予約の受付

・クリーニング取次サービス

・各種紹介サービス

コンシェルジュが業者などのサービスをご紹介

・クロークサービス、メッセージ預かり、新聞の各戸配達サービス

さらに来客者の入館管理もコンシェルジュの方がするので、安心安全な生活を居住者の方は送ることができるでしょう。

ラ・トゥールシリーズは東京都主要エリアに多数あるマンションですので都内に住まれる予定のある方にとってはセキュリティ面の充実さでは大変オススメです。

3. エントランス以外にもマンション選びで確認すべきセキュリティ設備

マンションの玄関にもなるエントランスのセキュリティはもちろんなのですが、そのほかにも玄関などであった方が良いであろう設備について3つ取り上げていきます。

3-1. モニター付インターホン

大抵のマンションであればインターホンは付いていますが、テレビモニター付のインターホンとなると少ないのが現状です。

やはり来訪者がどのような人なのかを確認するためにも、モニターは必須です。

来訪者が必ずしも宅急便や知り合いであるとも限りませんのでモニターがあることによってドアを開けるべきなのか否かを判断することができるでしょう。

更に最近のものは、モニターで見られるだけではなく録画機能を搭載しているものもあり留守中にどのような訪問者が来ているのかを確認することもできます。

撮影日時なども表示されますので同じ訪問者が同じような時間に訪れているなどを特定でき、万が一の際、不審者の特定も可能です。

3-2. カバー付ドアスコープ

玄関ドアについているドアスコープは、来客を確認することを目的としており防犯上も安心です。

ところがドアスコープから見えるお部屋の明かりや人の気配などから部屋に人がいるかどうかを確認するために利用されてしまうことも少なくはありません。

魚眼レンズではあるものの、少し小細工をすることで外側からも中の様子が見られるようにすることも可能です。

そのため単なるドアスコープだけではセキュリティとしては甘いため、カバー付のドアスコープを選ぶようにしましょう。

外からの覗き防止用にカバーが付いてあるタイプが最近では販売されており、これにより外からの覗き見を防ぎます。

万が一物件がカバー付でなかった場合は、ホームセンターなどでカバーを別で売っていますので自分で付けても構いません。

3-3. ゲーテッドマンション

日本のマンションで最近どんどん増えてきているのが、ゲーテッドマンションです。

これはマンションの敷地と周辺全てを壁によって隔てるためにセキュリティ設備を取り付け、マンション全体のセキュリティを強化しようとする設備のことを指します。

ゲーテッドマンションの中でも複数の棟のタワーマンションをぐるりと設備されているタイプが多い傾向です。

具体的にはマンション内にスーパーマーケットなどの買い物できる施設や公園、更には最近では病院までもマンションの敷地内で済ませられる構造となっています。

これによりマンションの外に出なくても用事が全て完結するということでセキュリティの強化を期待されています。

その分他の地域と隔離されているようだと感じられる方も中には多く、それがデメリットとも言えるので難しい問題ではあります。

女性などでセキュリティ面を第一に考えたいという方にはオススメです。

4. マンション選びで確認したいエントランスのセキュリティ対策まとめ

今回はマンション選びにおいて是非確認しておきたいセキュリティに関してご紹介してきました。

最近のマンションではオートロックや防犯カメラはどこも当たり前となってきています。

それにプラスαとしてどのようなセキュリティ設備があるのかを選ぶ際には確認していきましょう。