マンションセキュリティを高める4つの鍵の種類と防犯効果とは?

マンションに住むことになった場合、よりセキュリティ効果が高い鍵に交換する人も増えてきました。

まず入り口である玄関の鍵をセキュリティ効果が高い鍵に交換するということは、それだけ安全面も優れてくるということになります。

そこで「マンションの鍵を交換しよう」と思った時は、どんな鍵に交換すると良いのでしょうか。

おすすめマンション
都内でセキュリティレベルの高いマンションを探すなら賃貸情報サイトいえどきがおすすめ!豊富な物件数と、ここにしかない写真付きの物件情報を今すぐCheck!

1. マンションセキュリティを左右する玄関の鍵の種類と防犯効果とは?

マンションセキュリティは、玄関の鍵で大きく安全・安心度が変わってくると言われています。

玄関の鍵といっても、様々な種類があります。

1-1. ディスクシリンダーキー

・セキュリティ性能

いわゆる一般的に多く普及している鍵は、ディスクシリンダーキーでしょう。

築年数がかなり経っているアパートや家屋ではディスクシリンダーキーが主流です。

ディスクシリンダーキーの防犯性はとても低く簡単にピッキングされてしまいますので、引越し先がディスクシリンダーキーであるのであれば、入居前に鍵の交換をお勧めします。

また似たような形状のピンシリンダーキーも、同様にセキュリティが甘い鍵ですので、交換することをおすすめします。

1-2. ディンプルシリンダーキー

・セキュリティ性能

鍵穴に金具を差し込んで左右に回して施錠します。

鍵の表面には大きさの違うくぼみがあります。

このくぼみやピンの配置は1,000億以上あるんです。

そのため、鍵とシリンダー内にあるピンの並びがピッタリ合う確率は非常に低いので、ピッキングされる可能性も極めて低くなります。

また、ディンプルシリンダーキーの場合、いわゆる合鍵屋などで鍵のコピーは出来ません。

鍵をなくした場合は、その鍵を製造した鍵屋に連絡を入れて、複製を作ってもらうことになります。

費用も時間もとてもかかる大変な作業になります。

現在のマンションやアパートなどでは、ディンプルシリンダーキーが主流になっています。

1-3. 電気錠

・セキュリティ性能

車のキーのような感じで、電波を利用して鍵の開け閉めをするタイプの鍵です。

ドアの開閉にいちいち鍵を取り出さなくても良いので便利なのと、ピッキングの可能性はまずありませんので安心です。

1-4. 暗証番号キー

・セキュリティ性能

セキュリティマンションのエントランスにあるような、暗証番号を入力して鍵を開けるタイプの居室ドアもあります。

こちらは、自分で暗証番号を設定するようになっていますので、セキュリティ面でもより安心です。

暗証番号も4〜8桁まで自由に設定出来るようになっています。

暗証番号キーの場合は、鍵を紛失するリスクもありません。

その他、居室ドアの鍵がスマホと連動しているものや、指紋認証式の鍵など、物件ごとにセキュリティシステムが違います。

一人暮らしの女性の場合は、よりセキュリティが高い物件だと安心です。

2. マンションの鍵をセキュリティ性能の高い鍵に交換する方法と費用

それでは、マンションの鍵をよりセキュリティ性能が高い鍵に交換する方法についてご紹介します。

◎マンションの鍵を交換する前の注意点

・鍵の交換をしていいのか確認する

「鍵の交換をしたい」と思ったときは、まず賃貸物件なのか自己所有物件なのかも関係してきます。

自己所有物件であれば、自分の判断で鍵の交換をすることが可能ですが、賃貸物件の場合は物件オーナーに「鍵の交換をしていいか」という許可を取りましょう。

「自分でお金を払うから」といって、勝手に鍵を交換するのはNGです。

・鍵の交換は基本的に自己負担

「防犯面が気になるから」という理由で鍵の交換をする場合、基本的には鍵の交換費用は自己負担になります。

しかし、賃貸マンションの場合、経年劣化とともに鍵が壊れている場合などは、オーナーが費用を出してくれる場合もありますので、一度管理会社に相談してみると良いでしょう。

・オートロックセキュリティのマンションの場合

オートロック式セキュリティのマンションの場合は、マンションエントランスへのオートロック部分の鍵と居室の鍵が連動していることも多々あります。

しかし、居室の鍵を交換すると、オートロック式のセキュリティには反応しなくなってしまいます。

そのため、交換前の鍵をオートロック用、交換後の鍵を居室用と2種類持ち歩かねばならなくなることもあります。

◎マンションの鍵の交換費用について

次に、鍵の交換費用についてご説明します。

鍵の交換は、基本的に鍵屋さんに依頼します。

鍵屋さんに現地へ来てもらい、部品代金、作業代金、出張費などをまとめて支払うことになります。

鍵交換をすることになると、錠前に取り付けられている「シリンダー」と呼ばれる部分ごと交換することになります。

マンションの鍵の交換は、ディンプルキーシリンダーキーの場合、ドアの形状によって料金が変化します。

だいたいの相場は15,000〜30,000円と思っておきましょう。

続いて、ドアの形状別の料金相場をご紹介します。

◆ディンブルシリンダーキーの料金相場

ドアのタイプ 料金
ドアノブ式 15,000〜22,000円
レバーハンドル式ドア 15,000〜25,000円
プッシュプル式ドア 25,000〜38,000円
アンティーク式ドア キーのみ…15,000〜22,000円
鍵、取手など全体の交換…27,000〜54,000円

3. マンションへの意外な侵入手口とは?窓や勝手口の鍵対策も忘れずに!

マンションの空き巣被害で一番多いのは、窓やベランダから侵入されるケースと、玄関や勝手口から侵入されるケースです。

ですから、玄関の鍵のセキュリティを高くすることともう1つ、窓や勝手口などの防犯対策もしっかりしておくことが大切です。

お風呂場やトイレなどの小さな窓でも、空き巣に入られる原因になります。

実際、窓に最初からついている、半回転回すタイプのクレセント錠だけでは、セキュリティ面ではとても心配要素が残ります。

より安全性を高めたいと思っているのであれば、窓についているクレセント錠をダブルロックのタイプに、もしくは抜き取り式の小さな鍵がついたタイプに取り替えることをおすすめします。

・ツーロックは基本

空き巣などの犯人は、ドアの開閉には出来るだけ時間をかけたくないと思っています。

侵入を心みて何分も経過してしまえば、空き巣は侵入を諦めて別のターゲット物件へと動きます。

ですから、より防犯性の高い鍵に取り替えることはもちろん、「空き巣をしようとしてもなかなかドアが開かない」と思わせることも大切です。

・お子さんのためにポストに鍵をおくことをやめる

「オートロック式のマンションだから、そんなに悪い人は入ってこないでしょう」という考えで、郵便ポストをお子さんとの鍵の受け渡しに使うことはNGです。

お子さんが鍵を取るシーンを誰が見ているかわかりません。

泥棒はあらゆる対策を練って侵入して来ますので、安易に鍵を置きっぱなしにすることはやめておきましょう。

・たとえ2階以上に住んでいても、窓の戸締りはしっかりとする

マンションの空き巣被害で最も多いのは、鍵をしていない窓からの侵入です。

2階だから、3階だから空き巣に入られないという保証はありません。

廊下伝いに、別の建物伝いに、空き巣はあらゆる手段を使って侵入して来ます。

出かけるときはきちんと施錠するなどの防犯意識をしっかり高めておくこともセキュリティ向上には大きく役立ちます。

そのほか、窓からの防犯に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

マンションの防犯対策は「窓」から!3つの防犯対策・グッズで空き巣の侵入を防ぐ方法

4. まとめ

マンションセキュリティを高める鍵の種類と防犯効果についてご紹介しました。

マンションに入居と同時に鍵を交換する人も増えて来ているのは、それだけ空き巣被害が多いという背景も見られます。

住むことになったマンションがディンプルシリンダーキーでない場合は、鍵の交換をすることを強くおすすめします。

また、鍵の交換をするだけでなく、自らの防犯意識をしっかり高めて生活するように心がけましょう。