セコムのマンションセキュリティは個人契約できる?賃貸マンションの防犯対策情報

セコムなどのホームセキュリティを導入しているのは、一戸建て住宅に住んでいる場合と思っている人が多いようですが、セコムの場合、マンションの一室からでも導入は可能です。

そこで、セコムのマンションセキュリティとは具体的にどのようなシステムなのでしょうか?

1. セコムのマンションセキュリティは賃貸でも個人契約可能?

セコムのマンションセキュリティは、賃貸マンションでも個人契約が可能です。

例えば、エントランス部分にだけセキュリティシステムを導入しているマンションも多いですよね。

しかし、個人の居宅スペースにはセキュリティシステムが導入されていないことが多いです。

ですから、エントランス部分をうまくすり抜けた不審者は、マンション内に入って来ることが出来るのです。

実際に誰が出入りしているかわからないマンション、住んでいる人も多い分、その家ごとにどんな人が出入りしているか気になってしまう面もありますよね。

そこで、自分が予期せぬ被害に遭わないためにも、ホームセキュリティシステムとして、マンションでもセコムを個人契約する人が増えているのです。

2. セコムのマンションセキュリティとは?

一戸建ての人だけでなく、マンションに住む多くの人が利用しているマンションセキュリティのセコムですが、マンションでセコムを契約すると具体的にどのような内容になるのでしょうか。

詳しくご説明します。

2-1. マンション向けホームセキュリティの特徴

マンションのエントランス部分にセキュリティがかけられていても、各家庭にはセキュリティがかかっていないので「何かあったら……」と思うと心配ですよね。

そんな時、セコムのマンション向けホームセキュリティは、マンションの一室から導入可能です。

「セコムを導入したら、家中のあちこちに穴があくのではないか?」と心配する人もいますが、美観を損なう事なくセキュリティシステムを導入する事が可能です。

セコムのマンションセキュリティの特徴は以下の通りです。

  • 空き巣対策、防犯面のサポート
  • 火災探知
  • 非常事態にはボタンを押すだけで対応
  • もしもの時のかけつけサービス

また、防犯面や非常事態などにもしっかり対応、また居室だけでなく、ベランダの防犯面もしっかり対応しています。

その他、一人でお留守番する「子どもの見守りプラン」や、一人暮らしの高齢者には「見守りサービス」も実施しており、セコムがお留守番中のお子様や、離れて暮らしている親の安否確認をしてくれるのです。

セコムのセキュリティは、防犯面のサポートに加え、日々に起こり得る可能性がある「もしもの時」に対応や、見守りなどの安否確認など、私たちの生活を幅広い分野でサポートしてくれます。

2-2. セキュリティサービスの内容

セコムのセキュリティサービスの具体的内容をご紹介します。

◆防犯面

  • 扉と窓にセンサーを設置して、玄関から室内への不法侵入者の探知
  • 扉が開くたびにセンサーが感知
  • ベランダから室内への不法侵入者の探知
  • 扉や窓の閉め忘れには、音声で知らせてくれる

セコムのセキュリティを導入した大きな決め手になるのは、防犯についての不安解消でしょう。

空き巣の侵入は、窓ガラスを割ることや、鍵の閉め忘れでそのまま侵入するというパターンがあります。

セコムなら、ドアや窓の閉め忘れについてもしっかり教えてくれるので、防犯意識もより高まります。

◆見守りサービス

  • 1人でお留守番するお子さんのサポート
  • 高齢者の親の見守り

共働きの家庭だと、お子さんが留守番していると思うと心配ですよね。

そんな時もセコムの見守りサービスだと、子どもの帰宅時間もスマホにお知らせが届くようになるので安心ですよね。

また離れて暮らす親の安心サポートにも、セコムは最適です。

トイレなどの生活動線スポットにもセンサーを設置できるので、まるで自分の代わりに親の見守りをしてくれているような安心感があります。

急に転んだ時など、握るだけでセコムに連絡できるようになったペンダント型通報サービスもあるので、もしもの時も安心です。

◆火災対策

・ちょっと目を離した隙に起こる火災にも、ブザーが鳴ってお知らせ

セコムは火災対策にも役立ちます。

ちょっと目を離した隙に広がってしまう可能性がある火災も、セコムの火災センサーならしっかり感知、ブザーが鳴って家族に知らせます。

必要に応じてセコムが119番通報することもあるので、留守中の火災対策にもなります。

◆不審者対策

外に人影が見え物音がした時など、まず不審者を疑いますよね。

しかし、入り口にセコムのステッカーを貼っているだけで、不審者は「この家には近づきにくい」と感じる心理効果があります。

また、家にいる時に「外に不審者がいるかも」と思ったら、すぐに非常ボタンを押してセコムに連絡することも出来るので、大人から子どもまでより安心して過ごすことが出来ます。

また防犯に役立つセンサーライトを設置すると、強い光で侵入者を照射しますので、侵入者には威嚇効果があります。

2-3. 利用料金・設置費用

マンションでセコムのセキュリティサービスを個人契約で利用した場合、「セコム・ホームセキュリティスマートNEO」を導入することが多いです。

セコム・ホームセキュリティスマートNEOの設置費用や、月額料金は以下のようになります。

◆セコム・ホームセキュリティスマートNEO

項目 レンタル費用 買い取り費用
月額料金 4,300円(税別) 3,000円(税別)
工事料金・システム料金 43,000円 152,500円
保証金 20,000円 なし

学生やOLなど、短期間一人暮らしする際にセコムを利用するのであれば、月々のレンタルでも良いでしょうが、長く住む一軒家でセコムを利用するのであれば、機器を買い取ることもおすすめです。

保証金も不要になりますし、月々の支払いも安くなりますし、

3. マンションにセコムなどのホームセキュリティを選ぶメリット・デメリット

安心を買うことができるホームセキュリティシステムですが、マンションにセコムなどのホームセキュリティを導入するメリットとデメリットをご紹介します。

3-1. メリット

まずは、ホームセキュリティを導入するメリットをご紹介します。

・もしもの時の駆けつけサービス

セコムなどのホームセキュリティシステムを導入すると、もしもの時には警備員がすぐにかけつけてくれるという安心感があります。

例えば留守中に空き巣が入った場合も、セコムのセンサーがすぐに感知して、警備員が対応してくれるのです。

もちろん家の人にもすぐに連絡が行くように鳴っています。

・見守りサービスが利用できる

セコムなどのホームセキュリティシステムは、防犯面だけでなく「見守りサービス」が利用出来ることも大きなメリットです。

前述のお子さんや親御さんだけでなく、ペットの見守りのためにセコムを導入する人も多いです。

・留守中の自宅を管理・維持

セコムなどのホームセキュリティシステムは、留守中や転勤中など長期間家を不在にする場合も役立ちます。

定期的に家に風を通すための換気、不在時の郵便物の整理など、自宅の環境をしっかり維持することが出来ます。

セコムホームセキュリティサービス料金とは別途料金が発生しますが、大切なご自宅を不在中も守ってくれるシステムはとても大きなメリットです。

3-2. デメリット

それでは、ホームセキュリティを導入するデメリットをご紹介します。

・お金がかかる

セコムなどのホームセキュリティシステムを導入することになった場合、費用が発生してしまうことがデメリットでしょう。

まず導入費用、そして保証金、月々の使用料と導入初期にはまとまったお金が発生してしまいます。

特にホームセキュリティシステムを、月々のレンタルではなく買い取りにした場合は、10万円以上のまとまったお金が出て行くことになるので、痛い出費になってしまいます。

・セコムのステッカーを貼っていると「財産がある」と思われる

セコムなどのホームセキュリティシステムを導入すると、玄関先にステッカーを貼ることを推奨されます。

しかし、このステッカーを貼っていると泥棒からは「この家、財産があるな!」と判断されてしまうというデメリットもあります。

4. まとめ

セコムのマンションセキュリティは、個人契約が出来ることもわかりました。

また、賃貸マンションでも、防犯対策としてセコムなどのセキュリティシステムを導入してきました。

「自分や自分の家族が平和で安全な暮らしが出来るように」と思うのであれば、初期費用が少しかかったとしても、家族の安全のためにというスタンスでセコムのホームセキュリティシステムを導入することもおすすめです。