セキュリティ重視ならマンションが安心!一戸建てと違う3つ防犯対策とは?

一戸建てよりマンションを選ぶ人の多くは、セキュリティ面の充実度が決め手になっています。

マンションは、一戸建てと違って最初からセキュリティ環境が充実しているのも大きな魅力です。

そこで、セキュリティ重視の人のためのマンションの防犯対策について詳しくご説明します。

1. セキュリティ重視なら一戸建てよりもマンションがおすすめ!

お子さんが小さいご家庭や、女性の一人暮らしなど、セキュリティ面は心配しすぎることはないほど重視すべきポイントです。

セキュリティ重視の人は、一戸建てよりマンションを選ぶことが多いです。

特に都心部に住む人は「安心を買うため」にマンションを購入する人もいるほど、マンションのセキュリティは充実しているのです。

「マンションは100%安心」というわけではないですが「一戸建てよりは安心だな」と思う人も多いのは、個人ではなかなか設置することが出来ない防犯アイテムも、マンションなら最初からついていることが大きな魅力になっているのです。

2. マンションと一戸建てのセキュリティ設備の3つの違い

一戸建てよりも安心感があることで選ばれるマンション。

そこで、マンションと一戸建てのセキュリティ設備の違いを3つご紹介しますので、ご自身が選ぶときの参考にして下さい。

2-1. 鍵一つで戸締りが出来る

マンションに住む大きなメリットは、「鍵一つで戸締りが出来る」ということがあります。

マンションは基本的にワンフロアの住居になっていますので、出かけるときも玄関の鍵をかければ戸締りは終わるという手軽さがあります。

一戸建ての場合、1階部分の戸締り、2階部分の戸締り、浴室の戸締り、と出かけるまでに戸締りに追われてしまう経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

また一戸建ての場合、通常の換気の際も窓の開閉には気を遣うため、死角部分から泥棒が入るのではないかとドキドキしながら換気をすることもあります。

マンションだから窓を開けっ放しにしても良いというわけではありませんが、一戸建てほど気を使わなくて良いという手軽さがありますし、上層階に住めば特に防犯面を気にせず風通しのために窓を開けることが出来ます。

2-2. 防犯カメラやオートロックなどセキュリティ面の充実

マンションのセキュリティは、オートロック式マンション、あちこちに設置されている防犯カメラなど、かなり充実している物件が多いのが特徴です。

防犯カメラにおいては、エントランスにはもちろん、エレベーター、階段部分、駐車場、駐輪場、ゴミ捨て場、外玄関など複数台設置されていることも多いです。

個人が住む一戸建てではこのような手厚いセキュリティシステムを導入するのはなかなか難しいですが、マンションなら最初から設置されているというのが大きなメリットです。

特にオートロック式エントランスのマンションであれば、マンションの建物内に入ってくるまでに1ロックあるため、部外者はそこで一旦弾かれるというメリットがあります。

オートロックのマンションに住んでいる人は、「自宅の戸締りはきちんとするけれど、その他の防犯対策については特に気をつけていない」という人も多くいます。

それだけ、防犯面においてはマンションが充実していると言えるでしょう。

2-3. 有人管理で子どもだけの帰宅も安心

マンションによっては、管理人が常駐している物件も多いです。

共働き過程が多い中、子どもが帰宅する時間に両親が家にいないという家庭も多くなりました。

しかし、管理人がいるマンションであれば、子どもが1人で帰宅しても、見守り対策になるので安心なのです。

3. セキュリティが不安なら防犯対策の優れた賃貸マンションという選択肢も!

一戸建て住宅を購入するのは、資金面でハードルが高いし、セキュリティ面を考えると不安。

かといって一戸建てにセコムなどのセキュリティを導入するとさらにコストがかかってしまう…

そんな悩みを持つ人には、セキュリティシステムが優れた賃貸マンションに住むという選択もオススメです。

そこで、賃貸とマイホーム購入の違いについてご説明します。

3-1. 賃貸とマイホーム購入の違い

賃貸マンションと、マンションをマイホームとして購入する場合、気になるのは「どちらの方が費用としてはお得なのか」ということでしょう。

賃貸の方が得なのか、購入する方が得なのか、という話はもう何十年も論争のネタになるほど多くの人が議論してきました。

結論から言うと、生涯同じ住宅に何十年か住み続けた場合は、住宅費用はそこまで大きな差はありません。

マイホーム購入を決断する人の多くは、「マンションが自分の資産として残る」と言うことが決め手になっています。

しかし、時代の流れとともに、家の価値は必ずしも保証されるものではありません。

そこで、自分の人生設計に柔軟でありたいと思う人も増え始めて、マイホームを持つことよりも賃貸で自由に暮らすと言う人も増えてきました。

特に子どもが小さいうちは「セキュリティの充実したマンションに住みたい」と思う人も多いため、子どもがある程度成長するまでは安心できるマンションで、その後子どもが独立したら夫婦で小さな家に移り住むと言う夫婦も多くいます。

3-2. セキュリティの高い賃貸マンションの防犯対策の例

セキュリティの高い賃貸マンションって、どんな風に安心を提供してくれているのでしょう。

そこで、セキュリティ対策がしっかりされているマンションの具体例をご紹介します。

・コンシェルジュが常駐するマンション

マンションの防犯カメラ、オートロックマンションに次いで必要とされる有人管理システムですが、最近では「コンシェルジュ」としてかなりハイクラスな有人管理をしているマンションも増えてきました。

マンションのコンシェルジュとは、ホテルのフロントのイメージで設置されていることが多く、いわゆる管理人とも違う役割をしています。

<来客時の対応例>

マンションに住む人のもとに来客があった場合は、コンシェルジュが取次をすることになります。

  1. 来客者はコンシェルジュに行き先を伝えて、コンシェルジュが住人に来客を通して良いのかの確認をする
  2. 住人からOKが出たら、来客者を通すための手続きをする(ここでエレベーター専用のカードキーを渡す場合もある)
  3. エレベーターが目的地の階に停まるように設定されており、目的地以外では降りられないようになっている

このように、管理人のみの有人理よりも、さらに手厚いサービスになったのがコンシェルジュサービス です。

空き巣などは、出来るだけ迅速に犯罪を行いたいと言う心理があるため、目的の家に盗みに入るまでのステップが長いことを嫌います。

マンションの入り口にコンシェルジュがいるだけで、「空き巣に入ろう」と言う気持ちは萎えてしまうということもあり、コンシェルジュの存在は思っているよりも大きなものなのです。

マンションによっては、コンシェルジュと管理人のどちらも設置しているマンションもあり、セキュリティ面では大きな安心感を提供している物件もあります。

4. マンションと一戸建てのセキュリティの違いまとめ

マンションと一戸建てのセキュリティの違いについてご紹介致しました。

毎日住む家が安心・安全ではないというのは、日々の生活に大きなストレスになってしまいます。

家探しをする時は、自分と家族が安心して暮らせるためにも、セキュリティの充実したマンションを選ぶことをお勧めします。